株式会社オプトロンサイエンスOptronscience,Inc.

製品検索

100/200MHz ワイドバンド 電圧アンプ (DHPVAシリーズ)

メーカー名Femto Messtechnik GmbH

  • エレクトロニクス
  • 電圧アンプ
  • 電圧アンプ

DHPVAは、ゲイン可変の高周波数アンプです。ゲイン設定を変更した際にも、バンド幅(100 or 200 MHz)は一定で、さらに卓越したゲイン平坦性、低ノイズ、低いオフセットドリフトを特長とする、非常に高性能なアンプです。異なるゲイン設定でもバンド 幅は一定のため、パルスの立上り時間がほとんど変化しません(±10 % 以内)。正確で信頼性の高い時間分解測定に最適です。 また Femto 社製アンプはマルチステージ設計を採用しており、ダイナミクスの制限を招くアンプの複数使用を避けることができます。

仕様

モデル名 DHPVA-101 DHPVA-201
下限カットオフ周波数 DC / 10Hz DC / 10Hz
上限カットオフ周波数 10 / 100MHz, 切替可能 20 / 200MHz, 切替可能
ゲイン平坦度 [dB] ±0,15 ±0.15
ゲイン [dB] 10 / 20 / 30 / 40 / 50 / 60 10 / 20 / 30 / 40 / 50 / 60
入力ノイズ電圧 2.5nV/√Hz 2.5nV/√Hz
入力電圧ドリフト 0.6μV/℃ 0.6μV/℃
入力 / 出力 50Ω, BNC 50Ω, BNC
出力電圧 (パワー) ±1V (+10dBm) ±1V (+10dBm)
モニター出力 DC ~100kHz DC ~100kHz
デジタルコントロール TTL / CMOS, 光アイソレート
カタログ femto_de-dhpva-101 femto_de-dhpva-201

パフォーマンス特性 (典型値)

用途

・オシロスコープ / トランジェントレコーダー用プリアンプ
・フォトマルチプライヤー / マイクロチャンネルプレート用アンプ
・光レシーバー / カレントアンプ用信号ブースター
・時間分解パルス / トランジェント測定
・自動計測装置

ポイント

  • ゲイン可変 10 ~ 60 dB (x 3 ~ x 1,000)
  • バンド幅 DC ~ 100 / 200MHz, ゲイン設定に独立して設定可能
  • DCドリフト 0.6 μV/℃
  • 入力ノイズ 2.5 nV/√Hz
  • ローカル / リモートコントロール

◀︎表は横にスクロールして見ることができます▶︎

ブランド紹介Femto Messtechnik GmbH

FEMTO Messtechnik GmbHは、ドイツ・ベルリンの低雑音増幅器モジュールの大手メーカーです。1993年に創業以来、製品に関しての方向性は明確で、「洗練された信号回復のためのツール」です。高性能の微弱電流増幅器として世界各国の科学者、研究者に愛用されています。主なアプリケーションとしては分光法、フォトニクス、表面分析、品質管理、プロセス制御、レーザー物理学などとなります。

おすすめ製品

製品のお問い合わせはこちら