株式会社オプトロンサイエンスOptronscience,Inc.

製品検索

フェムトワットフォトレシーバ (FWPRシリーズ)

メーカー名Femto Messtechnik GmbH

  • 測定機・検出器・試験機
  • 測定機・検出器・試験機
  • フォトレシーバ

FWPR-20は、低ノイズな Si または InGaAs フォトダイオードと、非常にゲインが高く(最高 1012 V/A)低ノイズなトランスインピーダンスアンプと組合わせたフォトレシーバーです。これにより、非常に低い NEP 値(最小 0.7 fW/√Hz)と、フェムトワットレンジの高い感度を達成しています。フォトレシーバ単体での検出では光パワー最小約 50 fW まで、さらに Femto 社製 ロックインアンプ を組合わせればサブフェムトワットの高い感度が得られます。 非常に高感度なので、多くのアプリケーションで使用されている APD、PMT、冷却 Ge フォトダイオードの代替品として、高価な高電圧電源や冷却装置を付加することなく利用できます。

Si 製モデルの FWPR-20-SI は、波長域 320~1100 nm です。特にシグナルが数十 ms 以上のフォトンカウンタのように、タイミングがさほど重要視されないアプリケーションに有効で、APD ベースの単一光子カウンティングモジュールと同等の高い量子効果と S/N 比が得られます。

InGaAs 製モデルの FWPR-20-IN の波長域は 900?1700 nm で、高価で取扱いが困難な外部アンプ付液体窒素冷却 Ge ディテクタベースシステムの置き換えに便利です。低ノイズでゲインの高いアンプシグナルが内蔵されているため、フォトレシーバ単体でボルト(V)レンジの シグナルを得ることができます。

仕様

モデル名 FWPR-20-Si FWPR-20-IN
フォトダイオード 1.1 x 1.1 mm2 Si φ0.5mm InGaAsピン
波長範囲 320 ~ 1100nm 900-1700nm
バンド幅(-3dB) DC ~ 20Hz DC ~ 20Hz
立ち上がり / 立ち下がり時間(10 – 90%) 18ms 18ms
トランスインピーダンスゲイン 1 x 1012V/A 1 x 1011 V/A
最大変換ゲイン 0.6 x 1012V/W(@ 960nm) 0.95 x 1011V/W(@ 1550nm)
最小NEP(@ 1Hz) 0.7fW/√Hz(@ 960nm) 7.5fW/√Hz(@ 1550nm)
カタログ

用途

  • ・蛍光測定
  • ・分光
  • ・電気泳動
  • ・クロマトグラフィー
  • ・フォトマルチプライアチューブ(PMT), アバランシェフォトダイオード(APD),
  • 液体窒素冷却 Ge 製 フォトダイオードの置換え

ポイント

  • 超低ノイズ : 最小 NEP 0.7 fW/√Hz
  • トランスインピーダンスアンプ(最大ゲイン1012)内蔵
  • 波長範囲 : 320 - 1700 nm

◀︎表は横にスクロールして見ることができます▶︎

ブランド紹介Femto Messtechnik GmbH

FEMTO Messtechnik GmbHは、ドイツ・ベルリンの低雑音増幅器モジュールの大手メーカーです。1993年に創業以来、製品に関しての方向性は明確で、「洗練された信号回復のためのツール」です。高性能の微弱電流増幅器として世界各国の科学者、研究者に愛用されています。主なアプリケーションとしては分光法、フォトニクス、表面分析、品質管理、プロセス制御、レーザー物理学などとなります。

おすすめ製品

製品のお問い合わせはこちら