株式会社オプトロンサイエンスOptronscience,Inc.

製品検索

LARK 355A (355nm Qスイッチ DPSSレーザ)

メーカー名JPT Opto-electronics

  • 光源
  • 固体レーザ
  • パルス(空間)
  • 355nm

AOQスイッチを搭載したエンドポンプ方式の半導体励起固体レーザの3倍波(THG)です。共振器が筐体と一体化されているため光学アライメントを行う必要が無く安定したレーザー発振を行うことができます。また空冷のコンパクトサイズのため持ち運びに便利です。

仕様

Model(型号) Lark-355-3A
波長 355nm
平均出力   >3W@40kHz
パルス幅 <18ns@40kHz
繰り返し周波数 20kHz-200kHz
空間モード TEM00
ビーム品質 M² ≤ 1.2
ビーム円心度 >90%
ビーム拡がり角 ≤2mard
ビーム径 Non-expanding : 0.7±0.1mm
偏向比  > 100:1
偏向方向 水平
平均出力安定度 RMS ≤ 3% @ 24hs
パルス安定度 RMS ≤ 3% @ 40hs
駆動温度 0~40℃
保管温度、湿度 -15~50℃
冷却方式 空冷
供給電圧 DC 12V
消費電力 180W
サイズ 313 × 144 × 126
重量 6.8kg

 

※仕様は予告なく変更されます。

ポイント

  • 半導体励起Qスイッチ固体SHGレーザ (DPSS QスイッチTHGレーザ)
  • >3W @40Hz
  • <18nsec パルス幅
  • 空冷コンパクトサイズ

◀︎表は横にスクロールして見ることができます▶︎

ブランド紹介JPT Opto-electronics

JPT Opto-electronics 社は MOPA型ファイバーレーザをはじめ、DPSSレーザ、加工やマーカー用レーザ、またそのシステムを製造する世界でもトップレベルのシェアを持つリーディングカンパニーです。2006年中国深圳に設立され20,000㎡以上のファシリティーを有しています。
MOPA型ファイバーレーザの特徴はQスイッチ型とは異なりパルス幅や繰り返し周波数を独立して制御できることです。また高繰り返し周波数駆動の際でも高いピークパワーを維持することが可能です。

おすすめ製品

製品のお問い合わせはこちら